中野区の病院のパート薬剤師は最悪だった件

市民病院の病棟薬剤師の悪質な対応について書いてみたいと思います。

私は医療事故の多い中野区に在住しています。先日救急車で最寄りの市民病院へ搬送されたエピソードです。

救急車で搬送された先は最寄りの市民病院でした。私が目にしたのは空室に薬剤師が二人いました。医師の姿は見当たらずに、救急隊員が探してからようやくゆっくりと登場し、救急隊員からの連絡を聞いていました。医師は私を診察することがなく、薬剤師に向かって、横になってもらうようにとだけ言いました。

私は救急車の中で過換気症候群というものになっていることは救急隊員は知っていることですが、知らないであろう心臓を圧迫されたことを伝えました。
その後、医師は、心電図も一応とろうかと付け足しました。その後ベッドに横になること10分間ほど、奥の薬剤師から「わたしは病棟勤務の希望のはずがどうしてこんな所にいるのか。。」という不満を漏らしている声が聞こえてきました。薬剤師が悩みを居酒屋で愚痴るならまだしも、私の対応の直後に口にしていたことで嫌な気分になりました。

誰も好きで病院に運ばれる人はいないと思いますし、まともな人は他人を傷つけることとても嫌うと思います。
しばらく様子を見た後に、救急搬送されたときの帰宅手段を尋ねると、薬剤師は事務員に「救急車で運ばれてバスで帰るんだってークスクス」と話しを持ちかける会話が聞こえてきました。

会計のときも現金を持ち合わせていないので後日の支払いになると主張すると、みんな即日現金で支払っていくと言うんです。そこまでは良かったんですが、その後に「救急車で運ばれて現金を持ち合わせていない人も珍しい」と感想を言われました。一人で救急車を呼んで現金を用意できる位なら、自動車で運転して来院すると思います。

また、その時にお薬手帳に用いるための診断書を発行依頼すると、料金の支払い時に申し出てくださいと言われました。
翌日その通りに従うと、会計では昨日の医師はパートなので決められた日にしか来ません。救急の場合は発行できるか否かもわからないので、すべて発行の当直日に聞いておきそれからのことになる。それから連絡します。

当日医師がいる日に依頼したときにすべて済む用件だと思いその旨を伝えると、どちらにしてもおくすり手帳に使用するのに急がないんだからと悪用されました。
おくすり手帳を使う人は患者です。悪用して都合を押し付けなくても、確認後電話連絡させてもらいます。郵送も受けたまれます。それだけでいいと思います。

本当にどうしようもない対応でした。いくらパートでももう少しマシな薬剤師を「薬剤師パート東京」で募集した方がよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です